大腸肛門病クリニック

春のメニュー 秋のメニュー 冬のメニュー
参考文献:「おしりにやさしい料理メニュー」
料理研究家 仲村慶子
姫じゅん菜 (エネルギー:72kcal 繊維質:2.3g)
子持ちシシャモ (エネルギー:198kcal 繊維質:0g)
茶粥 (エネルギー:60kcal 繊維質:0.6g)
漬け物 (エネルギー:12kcal 繊維質:1.3g)
茎ワカメ・納豆長芋の和え物
(エネルギー:53kcal 繊維質:2.6g)
姫じゅん菜 (エネルギー:72kcal  繊維質:2.3g)
材料 姫じゅん菜−50g 針生姜−1/6片 酒−15cc
薄口醤油−15cc 米酢−30cc
作り方 姫じゅん菜は、必ず一度ゆがいて(塩湯)冷水にさらし(色彩が良くなる事と殺菌効果の為)、酢醤油、針生姜を入れて盛る。
食品の持つ
特徴
姫じゅん菜
食物繊維が豊富なので便秘に良いといわれています。
子持ちシシャモ (エネルギー:198kcal  繊維質:0g)
材料 子持ちシシャモ−2匹 青のり−大さじ2
作り方 シシャモは焼いて一部にみりんをつけ、その上に青のりをつける。
食品の持つ
特徴
子持ちシシャモ
骨ごと食べるのでカルシウムを摂取できます。カルシウムは骨粗しょう症の予防のほか、神経を安定させ、イライラや興奮を抑えるのに役立ちます。
茶粥 (エネルギー:60kcal  繊維質:0.6g)
材料 洗い米−1/2カップ コンニャク米−大さじ3
水−2カップ 煎茶−大さじ3(袋にいれて)
作り方 米とコンニャク米をよく洗い、煎茶をこし袋などに入れて、水から一緒に煮て粥を炊く。
漬け物 (エネルギー:12kcal  繊維質:1.3g)
材料 なす−1/2本 きゅうり−1/3本 小梅−1粒
食品のもつ
特徴
きゅうり
体内の余分な熱を冷まして代謝機能を調整し、炎症を取りのぞくといわれています。
また豊富に含まれる繊維も腸内をそうじして、便秘の解消に有効に働きます。
茎ワカメ・納豆長芋の和え物 (エネルギー:53kcal  繊維質:2.6g)
材料 茎わかめ−大さじ3  納豆−1/2袋
長芋−1節  薄口醤油−大さじ1
作り方 1.茎ワカメは根と卯をかけ冷水で色止めをし、水切りをする。
2.酢水でアク抜きをした納豆・長芋と混ぜ、薄口醤油を混ぜる。
食品の持つ
特徴
納豆
大豆より消化が良いといわれています。高タンパク、高エネルギーで滋養豊かな食品といわれています。