Q.いぼ痔の手術を受けました。術後どんなことに気をつければいいですか?
いぼ痔の手術の後、現在週に一度通院しています。
最近、脱肛ぎみなので、無理をしないよう医師にいわれましたが、具体的にどんなことに気をつければよいかわかりません。


いぼ痔の手術には、簡単な処置のを含めると、外来で行うものとして、麻酔無しに注射で固める硬化療法、ゴムでくくる結紮療法があります。
また、麻酔を使って、血栓を取り除いたり、一ヶ所だけの軽いいぼ痔を取ることもできます。
根治的に手術をする場合は、入院が必要となるなど、色々の方法があります。
外来では根治療法は一般的には無理ですので、残ったいぼ痔が大きくならないようにすることが必要です。
いぼ痔は、肛門の静脈のうっ血によって起こります。
排便の際に力むと、血液の環流が妨げられ、そこが静脈瘤様に腫れ上がります。それを毎日繰り返していると、元に戻らなくなってしまうのです。
ですから、便秘をしないようにすることです。便秘を防ぐには、繊維の多い食物や、水分を十分にとり、便意をもよおす胃腸反射のきっかけとなる朝食は必ずとることです。
便意を我慢しないこと、トイレは短時間ですませるようにします。
軽い運動を心がけて、毎日入浴するなど規則正しい生活をすることです。
無理をしないようにとは、それらを気をつけることに他なりません。
そうしないと、始めは排便時に出血するだけのものから、いぼ痔が少し脱出するようになり、自然に戻っていたものが、指で戻さないと残るようになります。
最後には、いつも出っぱなしとなり、長い間に徐々に進んできます。
指で押し込まないと戻らない状態になったら、根治手術が必要となります。
そこまで進んでなければ、薬や外来処置でよいのですが、ただ漫然と薬を続けたり、病院で治してもらえるものと勘違いされては困ります。
きちんと病気の原因を知って、前述の日常生活の注意を守り、生活習慣を改めて、自分で治す心意気が一番大切なのです。