HOME使用法質問の投稿質問タイトル一覧記事全文表示検索過去ログ

質問内容表示
[10640] 結紮について- ■新規質問/記事引用
□投稿者/ いたがり - 女性 - 37才 -(2015/11/11(Wed) 00:20:47)
□U R L/
    初めまして。
    乳頭にポリープがあると言われ、先日糸で結紮していただきました。
    現在ポリープが壊死して落ちるのを待っている状態で、キリキリと刺すような痛みがあり、頓服としてインドメタシン座薬を出されたのでそれを使用しました。
    括ったポリープの先が肛門に挟まった状態のため、挿入時に手に膿のような白い固まりが付いたことに恐怖と、座薬がとても染みたこと。
    諸々不安でお薬のことを調べていると痔疾では使ってはいけない記載が見られてさらに不安になっております。
    痔疾と今回のポリープは気にしなくても良いのでしょうか。
    それから、座薬がとても沁みて痛いのですが問題は無いのでしょうか。
    元々凄く痛がりで怖がりの為に不安でなりません。
    助言を頂けますと嬉しいです。
    宜しくお願い致します。



[10641] Re[1]: 結紮について-記事引用
□投稿者/ ドクター - 男性 - **才 -(2015/11/11(Wed) 23:41:56)
□U R L/
    肛門ポリープを結紮療法されたのでしょうか?
    ポリープは、その時点で切除されても良かったかと思いますが、そのままでも、何れ10日前後で脱落してくるのではないでしょうか。
    ポリープは、壊死脱落する途中ですので、膿様なものが付いたのでしょう。
    肛門部の傷は、結紮するだけでしたら、結構痛みを伴います。
    その場合、外側へドレナージ創を付けてやると、和らぐものです。
    まだ傷が新しいですから、痛みも程々にあって不思議でないでしょう。
    日にちが経てば、徐々に治まってくるのではないでしょうか。
    鎮痛坐剤の能書に、痔疾患へ使わないようにと書いてあったようですが、長期連用した場合に、ときに出血を見ることがある程度であり、無視して構いません。





[10642] Re[2]: 結紮について-記事引用
□投稿者/ いたがり - 女性 - 37才 -(2015/11/12(Thu) 00:24:35)
□U R L/
    お返事ありがとうございます。
    内痔をジオン注で処置する際に乳頭にポリープが出来ているとのことでその場で結紮することになりました。
    切除と言う話は出ず、括って腐らせると伺いましたので切除無しの結紮療法だけの状態です。
    ドレナージ創というものが良くわからず、先ほど単語を検索しましたが私はそれが有るのか無いのか解りませんでした。

    結構痛みを伴うとの事ですので、覚悟して我慢することにします。
    昨日まで肛門に括ったポリープの先が挟まっておりましたが今日は何か挟んでいる感覚が薄いので少し壊死した部分が取れたのでしょうか。
    昨夜の鎮痛座薬は強烈な沁みるような痛みが苦痛だったため、痛みがまだ我慢できている現在は使用を迷っておりますが、短期で使う分に問題がないのでしたら安心しました。我慢の限界が来た時には迷わず使用しようとおもいます。

    重ねての質問で申し訳ございませんが、結紮したポリープが落ちてしまうまではずっとこのキリキリと刺すような痛みは持続するのでしょうか。それとも壊死が進めば少しは楽になるものでしょうか。

    また、ネットで手術体験者さんたちがよく便を柔らかくするお薬を飲んでいる記述をよく見かけます。
    私はそのようなものは処方されず、刺激物以外は食事制限もありませんでした。
    以前よりは良くかんで食べるようにしていますが、普通の便を出していても傷は癒えていくのでしょうか。
    仕事の復帰に焦って居ますが便を出した時の痛みが鋭く、不安です。



[10643] Re[3]: 結紮について-記事引用
□投稿者/ ドクター - 男性 - **才 -(2015/11/12(Thu) 21:35:18)
□U R L/
    ドレナージ創は、肛門管内に出来た傷の外側へ、わざと傷を付けることによって、傷から出る分泌物の排出路を確保し、腫れや化膿を防ぎ、傷への緊張を和らげて、痛みを軽くする効果も期待します。
    貴女の場合は、それはないように思います。
    ポリープが脱落すると、そこの傷が開放され、ドレナージ効果が期待され、痛みが軽くなるかも知れません。
    縛って脱落する部分の痛みではなく、縛ったところの緊張から来る痛みと思われますので。
    普段の便通がどうであるかによって、便のコントロールが必要な場合はあります。
    やや軟便気味の方が、傷への刺激が軽くて済みますので、先生にご相談なさって下さい。
    術後は、傷への刺激を和らげるために、軟膏や坐剤を使われることをお勧めします。
    排便時の痛みが強い時には、排便のしばらく前に鎮痛剤を内服しておくと、効果的です。
この質問内容の全ページ数 / [0]

この質問タイトルに書きこむ
◆ 返信内容 ◆ 自動改行
Name/
性別/
年齢/
Title/
URL/
解決 BOX お悩みが解決したらチェックしてください。